lighthouse

BLOG

日記

2023.11.30

ヘルスケア格差

こんにちは。パーソナルジムのブルーオーシャンです。千葉市中央区は晴れ、ジムは混雑しております。今日も毎日がチートデイの吉田がナビゲート致します。


今日は、ヘルスケア製品の展示会で、東京ビッグサイトへ行って参りました。


フィットネス系の展示会は、個人的に革新的なプロダクトが無いと感じており、暗い未来を暗示させているかのような印象をここ10年位受けています。


一方で、ヘルスケアという広義で考えるとその未来は明るいと考えてはいるのですが‥


今日の展示はプロテインメーカーばかりでした。


明日起きたら筋肉ムキムキになってたらどうしよう…と不安です。


 


プロテイン饅頭、プロテイン珈琲、プロテインアイス、ソイ、ホエイ、えんどう豆‥


いやもうなんでもいい!!!


そう叫びたくなりますね。


珈琲ってまあ手軽でいい気はしますけどね。


 


僕の友人にプラズ◯ク◯ス◯ー開発者がおりまして、彼にこんなことを聞いたことがあります。


 


気体で栄養補給できます?


タバコみたいにプロテイン補給出来るなら、開発したいです。


 


彼の回答は…


不可能とは言わないが、相当量を取り込まないと栄養にならない。


開発するとなるとNASAレベルだと思うよ。


 


プロテイン!→開発!→ナサナサ!


3人いたら、飲み会で大活躍できるゲームが出来そうですね。


冗談はさておき、プロテインってそれくらいの域を開発しないと、レッドオーシャンに自爆しにいくようなものだと思うんですよねえ。


 


さて、今日のテーマは「ヘルスケア格差」です。


格差社会の到来と危惧されておりますが、これはヘルスケアにおいても一緒なのかなと思っています。


ちょこザップさんとパーソナルトレーニングジム、これには圧倒的な差があります。


消費者が望まれて選択をすることはあるにしても、マクロでみればひとつの健康格差といえるのかもしれません。


 


こんな話は賢い学者が語るべきとひとまず置いといて、僕の身の回りで多発しているヘルスケア格差を紹介したいと思います。


題して、ヘルスケア格差〜指導者側の心理〜としておきましょう。


 


僕には毎週のように友人・知人から沢山の電話が来ます。


それは基本、相談の電話になるのですが、例えばこんな企画書どーう?ですとか、転職したい、起業したい、こんな問題を抱えてる、NISAの銘柄どれがいいwなどです。


僕自身がなにも成し遂げていないのでわかる範囲で回答するのですが、ちょっと怖く感じるのはヘルスケア従事者が、怪しい商売に引っかかっている、あるいは引っ掛かりそうな事が多発している事です。


あ、今日はちょっと堅苦しい感じにいきますので、息苦しくなりそうな方はここで離脱してくださいw


 


ちょっと遠回りしますね。


僕の前職チーム仲間が、ちょいちょい色んな大企業を紹介してくれるんです。


いや、僕から頼んだことは1度もないですよ?


色んなエリートさんとお話していると、背負っている課題が明確にも関わらずですね、泥臭く動ける人がなかなかいない事がわかってくるんですね。


こんな課題があるんですけど、とにかく営業が弱くてですね…といった具合です。


僕からすると、いや、動けばいいじゃんwと思うんですけども、今大企業ではディレクションしたがり病が流行しているらしく、現場経験もなく、泥臭さもないのだけど、フレームワークだけで生き永らえている若者が多いみたいなんです。


一方で、我々トレーナー、理学療法士、柔道整復師など川下で働く現場人は、漠然とした将来の不安を抱いている人は少なくない為、仕事が出来てるっぽい人の甘い話に飲み込まれがちなんです。


そんな、仕事出来ている風な人に美味しそうな話を持ちかけられる現場人、これだけでもう不安ですw


 


これもひとつの格差だと思うんです。


 


知らない人(心理的に不安)と知っている人。


ヘルスケア格差というより、リテラシー格差なのかもしれませんけど‥。


フィットネス業界は僕的にはかなり閉鎖的と考えていますから、知らないは危ないです。


 


昔は、人の弱みにつけ込んで、怪しい壺や怪しい水などを売っている人がいたのでしょうけど、今はですね、現場で働いている人たちの将来の不安を狙った商法があるので、注意しなければなりません。


彼らは決まって、信用出来る人にしか紹介しないビジネスって言い方をしてきます。


 


信用している人に信用しているってわざわざ言うのかな?


そんなこと考えたこともなかったけど…。


 


とりあえず、こういった怪しい商法を正しく判断出来るか否かは、ヘルスケア(リテラシーや心理)格差だと僕は考えていますね。


つい先日電話があった友人も、すでに◯◯万円払っちゃったっていうんだから、もう本当に勘弁してほしいですw


 


最近の商法は、信用出来る人にしか紹介しない、それに加えて環境にいい、社会に役立つなどのカードを持ってくるようです。


こういう話あるんだけど聞いてみない?ときたら、それはもう高確率で危険かなと思いますので、回避した方が良いと僕は思いますよ。


 


ちょっと今日は堅苦しい話になってしまいましたが、本コラムは同業者の方もご覧頂いているそうですので、啓蒙の回とさせて頂きます。


 


因みに、今日のこの話は信用している人にしか話さない事なんですよ。


 


今日は以上です。それではまた明日!


 


記事:吉田勇気


 


(保有資格)


健康運動指導士/JATI-ATI/全米スポーツ医学協会パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/健康管理士/健康運動実践指導者/プロボクシングライセンス(未更新)/上級心理カウンセラー/LessMILSBODYCOMBAT本認定IR(未更新)/NESTAゴルフコンディショニングスペシャリスト


 


(実績)


豊田通商開発コンサル型クラウド健康管理サービス主要開発/「スポーツ駆け込み寺」主要開発/Yahoo!スポーツナビDOコラム執筆/日本サッカー協会主催「夢先生」講師/アスリート対談Youtube「TAMORI CHALLENGE」MC/西武&そごう千葉様トークショー/朝日新聞社様主催青葉の森ハウジングプラザトークショー/LAVA International様研修講師


contact-baner