lighthouse

BLOG

日記

2024.01.30

ピークエンドの法則

こんにちは。パーソナルジムのブルーオーシャンです。千葉市中央区は晴れ、ジムは混雑しております。今日もパーソナルトレーナーの吉田がナビゲート致します。


芸人の松本人志さんが業界から一時離脱されるとの事で、エンタメ業界が益々減退していく事が予想されます。


個人的にテレビは日常から切り離せないインフラですから、エンタメ業界はなんとか頑張ってほしいなと思います。


とはいえ、今の時代、企業側の広告手法の選択があまりにも多く、テレビCMも数ある広告のひとつに過ぎませんから、キー局の維持は本当に大変なんだと思います。


 


公表されているかはわかりませんが、そのうち、回転寿司のレーンにすら広告が登場してくると思います。


コンビニでは、アメリカのウォルマートの成功事例をファミマで展開しています。


そうです、レジの上にある広告のことです。


このように、コンビニ、回転寿司といった具合に、多種多様な広告手法があることから、テレビ業界の存続が危ぶまれているのはきっと現実なのでしょう。


僕はYou Tube番組を持っていますので、番組制作会社の技術力って本当にすごいな〜ってリスペクトしています。


コンプラも厳しい、広告も厳しい、あまりに過保護な制作物が出来上がっているのかもしれませんが、彼らのような技術力があれば、きっとその上を超えたものを作り上げてくるんじゃないのかなって個人的に希望を持っています。


テレビ、好きです。


 


さて、今日のテーマは「ピークエンドの法則」です。


 


ブルーオーシャンで取り入れている法則のひとつです。


この法則は、人間が体験するコトの中で、激しい感情の変化(ピーク)とそのコトの締め(エンド)の印象が、コト全体の印象を決定づけてしまうという心理を現しています。


例えばそうですね…、約60分の中で最後の10分間ボクシングを行ったとしましょう。


きっとストレス解消でスッキリして頂けることと思います。


ピークエンドの法則に則りますと、この時、会員様は思われることは、今日のトレーニングは爽快だった!!となるわけですね。


 


トレーニングに辛さはつきものですが、毎回のようにああ・・今日もしんどかった…ってのは会員様によってはモチベーションに左右してしまうかもしれません。


トレーニングの本質は筋肉であればしっかりと鍛えて筋力を向上させる事にありますから、ピークを爽快さに拘るのは本質からブレてしまいます。


しかし、エンド(終盤)においては、ある程度のコントロールをしても良いのかなあなんて考えていますね。


 


今日日、天敵は外気温の低さですw


ブルーオーシャンは未だに換気を2方向していますから、暖房はつけているものの…時に寒さに負けてしまうんですね。


もし、最後の5〜10分のマッサージで会員様が寒かったと感じてしまった場合、今日のトレーニングは寒かったと印象付けられてしまいます。


このようにほんの数分の出来事でも、ピークとエンドの印象は、まるで全体がそうであるかのように錯覚してしまう効果があるんですね。


ブルーオーシャンでは、ピークは筋トレ辛い・・と体感しても仕方有りませんが、エンドにおいては、気持ちいい、スッキリ、爽快、楽しかったなどのポジティブな印象を与えられるように心がけています。


 


深く追求すれば、最後のコミュニケーションも左右されると思います。


なのですが、そこまで計算高くしてしまうと、人間っぽさが欠落してしまうような気がするので、そこは忖度なしで意識せず、ニンゲン吉田として会話させて頂いておりますね。


 


 


はい、今日はブルーオーシャンで取り入れているピークエンドの法則でした。


それではまた明日!


あ、明日は終日出張ですので、明後日かな・・。


明後日も出張だった・・


またです!


 


記事:吉田 勇気


 


(保有資格)


健康運動指導士/JATI-ATI/全米スポーツ医学協会パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/健康管理士/健康運動実践指導者/プロボクシングライセンス(未更新)/上級心理カウンセラー/LessMILSBODYCOMBAT本認定IR(未更新)/NESTAゴルフコンディショニングスペシャリスト


 


(実績)


豊田通商開発コンサル型クラウド健康管理サービス主要開発/「スポーツ駆け込み寺」主要開発/Yahoo!スポーツナビDOコラム執筆/日本サッカー協会主催「夢先生」講師/アスリート対談Youtube「TAMORI CHALLENGE」MC/西武&そごう千葉様トークショー/朝日新聞社様主催青葉の森ハウジングプラザトークショー/LAVA International様研修講師


 


contact-baner