lighthouse

BLOG

日記

2024.02.20

3戦3KO!自己紹介します!

こんにちは。パーソナルジムのブルーオーシャンです。千葉市中央区は晴れ、ジムは混雑しております。


今日もパーソナルトレーナーの吉田がご案内致します!


 


とある国家資格を取得するため、養成に通う事になりました。


一体、僕は何屋さん?と自分がわからなくなる時がありますが、基本的にはニンゲンの心身に関わることを中心に生きてますw


 


私にも一応、座右の銘がありまして、唐突に紹介しますと、幸福とは快適という事ではないです。


他にもですね、偉人たちが作られてきた言葉に助けられる事もありまして、仕事柄、WHOの定義は大切にしています。


健康とは、肉体的、精神的及び社会的に完全に良好な状態であり、単に疾病又は病弱 の存在しないことではない


これは僕にとっては非常に大切な言葉でして、特に社会的に完全に良好な状態というのが好きです。


 


この社会的にというところが、フィットネス業界やスポーツ業界にも色々重ねられる事が多いと、最近は痛感しておりまして、そんな模索をしていた最中、友人にとある国家資格を紹介された…という流れで養成にお世話に‥。


今後の講演活動でもフルに活かせそうな気がしておりまして、近年自分が経営者として脅威に感じていたコロナ禍より怖かった事、プロスリートとしてのキャリア、みたいな原体験を本当にあった怖い話みたいにエンタメ的に表現できたらな〜なんて考えています。


 


ということで、今日はですね、久しぶりに吉田の自己紹介をさせていただきたいと思います。


本ウェブサイトを初めてご訪問いただく方、はじめまして、吉田です。


アスリート対談YouTuberでもありまして、そっちの名前はYUKIとしています。


正直、何屋さんかわからないくらい色んな顔を持っておりまして、昭和感の強い上司がいるとするなら、器用貧乏だなオマエと叱られるかもしれませんねw


反論するとなると、まず僕は自覚的には器用ではないですw


 


さて、自己紹介しましょう。


そうですね、取得している資格や実績ベースでお話すすめていきます。


まずは、プロボクサーの話。


 


もう27年前の話ですが、18歳の時、プロボクサーデビューし後楽園ホールで闘っていました。


当時、最年少でプロになりまして、若さという意味では期待されていたかもしれません。


あの頃ですね、うちのジムはかなり異質で、プロテストは全員一発合格で、先輩らは同じ日に4人出場し、全員勝利しちゃったり、歴代出場者数最多の東日本新人王トーナメントでも先輩が優勝するなど、異例・異質のプロボクサーが集まるジムだったんです。


振り返れば、師匠の影響力が強く、他のジムが驚くほどテクニックに長けていたと思いますね。


 


そんな中、僕の戦績なんですけども…


3試合で3KO!!


負け…


もらったパンチは3試合で4発ですから、1発もらったら倒れますーという笑っちゃうくらい顎が弱かったんですね。


ビデオで確認したら、気持ちよくぶったおれてましたw


倒れてゴング鳴っているのに相手に飛びかかっていましたから、心は折れてはいなかったでしょうけど、顎の弱さには勝てませんでした。


 


先輩らが、みーんな輝かしい成績を残す中、師匠の最後の弟子である僕は結果を出せずに散る‥。


スターウォーズのジェダイだったら、ひねくれてダークサイドに落ちているでしょうね。


その後、師匠の離脱もあり、プロとはいえ当時20歳の僕には、精神的支柱が折れてしまい、そのままボクシングの世界から静かに消えていきました。


18歳でプロになり、20〜21歳で引退って若すぎ早すぎでしょうけど、あの若さで師匠の消失は重かったですね。


勿論、それだけではなく、単に減量が辛いみたいなのがあったのは認めますw


 


そんなお行儀が良いとは言えない去り方だったのですが、僕の試合を観てくださり、涙してくれた友人もおりまして、今では飲み仲間です。


あの時代のすべてに感謝し、すべてが財産です。


と、そんな泥臭い時代でした。


 


次の資格の話をしましょう。


 


トレーニング系の資格としては健康運動指導士とJATIですね。


これがですね、僕としては謎なのですが、トレーニング系の専門学校や大学を出ても、資格取得しない学生って多いらしいんです。


友人が専門学校現役講師であり、僕の家族も体育大学に出ていますのでそんな内情を聞かされます。


莫大な学費をかけて‥ですから、ちょっと心配になりますよね。


僕の家族もそんな感じでして、昔からカラダの事をしばしば僕に聞いてきますw


 いや、大学でなに学んだのよ‥と毎回ツッコミますけど。


 


ですので、この健康運動指導士という資格は、基本卒業してから自主的に取得する人は取得‥みたいですね。


僕がかつて所属していたフィットネスクラブでは、管理職は取りなさいと強めの強制力が働き、みなさん懸命に勉強されていたようですが、やはり落ちる人は2回、3回と落ちてしまう、決して易しくはない資格ではあります。


 


健康運動指導士は、トレーニングを含めた健康全般、JATIはトレーニングを重視した資格、どちらも重複する内容は沢山ありますが、ふたつの資格を比較するとそのような差がありますかね。


自分の場合、キャリアがどうのこうのってわけではなくて、仕事柄、学び続ける必要があるので、嫌々に学びをしなくてはならない環境に自分を追い込んでいるだけです。特にこれ取得したからってどうってことないですw


ただ、様々な施設要件を満たすとですね、健康運動指導士という資格は政府のサポートも受けられる事もありますので、持っていた方がやっぱりいいですかね。


 


次に、健康管理士です。


これは運動というテーマは出てくるものの、病気や薬、健康に関する事を広義に学ぶものです。


例えば、緑内障ですとか、話題になっている薬とかもそうです。


資格取得は、決して簡単ではないですが、予備知識がだいぶありますので取得に悩むことはありませんでしたね。


講習やテストがなんというか、ゴリゴリに硬く重苦しい雰囲気だったのは強烈に覚えていますw


 


次に実績ですが、ヘルステックプロダクトの主要開発者でもあります。


なんだかメッチャITリテラシー高めの人!みたいな印象を与えてしまうかもしれませんが、そんなことはありません。


今の時代、ITテクノロジーを活用しないわけにはいきませんし、活用してこそなんですけど、理論上良いものを作れたとしても、人間の心理がそれに追いつくかどうかはまったく別物です。


そういったものをコネコネ組み合わせる仕事をしていましたね。


フィットネス業界に長らくいたもので、数千〜数万人のデータで見える景色みたいなものは、まさしく人間の心理です。


そういった消費者心理とITテクロノジーを組み合わせてApple Watchみたいなものを作っていました。


主要アルゴリズムは僕が作りましたが、エビデンスベースですから、先人達が残してきた計算式がベースです。


 


あ、アドバイスみたいなものは完全オリジナルでしたね。


今ではチャットgptがすんごい事になっていますが、その磯みたいな時代にツリーを作っていました。


えっと、占いとかで使われるアレですね。


肉と野菜どちらが好きですか?で、その後の選択が変わってきますよね。


肉を選んだ後、牛?豚?みたいに。


それをいくつも作るのをツリーなんて呼んでます。


あれは大変だった。


丁度、あの頃だったかも、電車でぶっ倒れたのw


 


そうそう、そういった開発者でもありますが、もう10年前の話ですから、時代は変わり、僕がその業界でお役に立てることは一切ないと思いますね。


生成AIをどれだけ使いこなせるのか?みたいなところが今求められている事っぽい気はしています。


 


あとは、キュレーションサイトのディレクターも務めました。


キュレーションサイトってフワッとしてて、意味がわかりにくいですよねw


所謂、情報集約サイトみたいなものです。


当時は記事の制作をするにあたり、日本語の使い方に悩んだものです。


専門ライターに委託していたのですが、その方、ごめんなさいね、日本語の使い方怪しかったんですw


その添削を僕がしていたので、ダブルで日本語怪しいふたりが記事コンテンツを作ってまして、混ぜるな危険?みたいな状態。


ディレクターとしての仕事よりも、日本語に悩みましたね。


あの頃よりはちょっとはマシかもしれませんが、昔のブログを見返すと、ん???なんじゃこりゃみたいに恥ずかしくなることは多々あります。


執筆活動されている方、本当に凄い能力だなと思います。


 


あと、実績…でいいますと、公開出来るような実績はないですねえ…


自慢話しているおっさんがいるくらいに思われるといいんでしょうけど、自慢もないんですよ。


ひとつ、実績で忘れていましたが、YouTuberでしたね。


登録者数1600人という微妙なチャンネルを持っています。


活動が滞っていますが、やめたわけじゃあないですよ。


そのうち、ちょっとずつ…進めます‥。


最近はなくなりましたが、コロナ前は街でたまにお声掛け頂いたものです。


更新頻度が高ければ高いほど、やはり認知度は高くなりますよね。


そのうち、そのうち…です。


 


あとは…光栄なお仕事という意味では、ヨガのLAVAグループさんの研修講師を務めさせて頂いたことがあります。


従業員さん100人くらいですね、僕がそのエナジーをもらっちゃうくらい皆さん元気で素晴らしい企業様でしたね。


講師という点では、夢先生も社会的意義の大きいお仕事でした。


公立の小・中学校で夢の大切を伝える授業をする講師です。


これは日本サッカー協会さんが主催しており、講師は皆元プロアスリートで任命されます。


コロナを堺にすっかり、依頼がこなくなってしまいましたが、また機会があれば全身全霊で務めさせて頂きたいですね。


 


長かった‥


という具合に、顔ありすぎ問題なんです。


これで国家資格を取得すると、また新たな顔が出来てしまうので、誰かマネージャーになって売り込んでほしいとさえ思いますw


 


はい、これにて、今日は終了です。


それではまた明日!


 


記事:吉田 勇気


 


(保有資格)


健康運動指導士/JATI-ATI/全米スポーツ医学協会パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/健康管理士/健康運動実践指導者/プロボクシングライセンス(未更新)/上級心理カウンセラー/LessMILSBODYCOMBAT本認定IR(未更新)/NESTAゴルフコンディショニングスペシャリスト


 


(実績)


豊田通商開発コンサル型クラウド健康管理サービス主要開発/「スポーツ駆け込み寺」主要開発/Yahoo!スポーツナビDOコラム執筆/日本サッカー協会主催「夢先生」講師/アスリート対談Youtube「TAMORI CHALLENGE」MC/西武&そごう千葉様トークショー/朝日新聞社様主催青葉の森ハウジングプラザトークショー/LAVA International様研修講師


contact-baner