lighthouse

BLOG

日記

2023.09.14

ブルーオーシャンの理念

こんにちは。パーソナルジムのブルーオーシャンです。千葉市中央区は晴れ、ジムは混雑しております。今日も毎日がチートデイの吉田がナビゲート致します。


昨日、プロサッカークラブチームでスカウティングしている友人から連絡がきました。


あるチームと親交を深めたいからその代表を紹介してくれないかとの事でした。


今やサッカーチームもプロだけではなく次から次へと出てきてます。選手の奪い合いみたいな状況にもなっていそうなので、近所付き合いは大切みたいな意図があるのかもしれませんね。


 


僕にもプロスポーツチームの在り方については、持論があります。


プロチームを作るなら、それと同時にインフラ整備をしっかりしたほうが良いのではと常々考えています。


 


例えば、僕の前職で隣のチームが、とある国で総合病院を作っていたのですが、病院は病院だけでは成り立たないんです勿論。


道路作って、ベッドのシーツ洗う会社があって、看護師の社会的価値をあげなきゃで…と関連するヒト・モノ・カネ、すべてが揃って、成立するわけです。


病院のことは詳しくはわかりませんけども、それくらいは僕も…。


スポーツチームもプロを作れば業界が盛んになると思わずですね、選手がそこで食べていけるのか、あるいは下部チームのプロ選手がトップに上がれた実績はどれほどあるのか?ゼネラルマネージャーって本当にマネジメント能力を有しているのか?などそういった諸々をデザインしたうえで、インフラ整備して作ったほうがいいと思いますねえ…。


 


おら、穴を掘ることはできっけども、整備することはできねえだ。


 


みたいな現象を無視して突っ走っているのがスポーツ界なのでは?が僕の率直な感想です。


同じくらい大切だと思うんですよね。はい。


あー サッカーやりたい。


 


さて、今日のテーマは「ブルーオーシャンの理念」です。


我々、株式会社BlueOceanにも一応、理念が存在しております。


創業7年目で、3回位刷新したかな?


軸みたいなものはブレておりませんが、環境が変われば我々も変わる必要はあるので、フットワーク軽めでやっとります。


 


ミッション


スポーツビジネスを創出し続ける!


 


ビジョン


スポーツ、フィットネス、ヘルスケアのトータルプロデュース!


 


バリュー


垣根を越えろ!~cross the fence~


 


以上です。


ミッションは創業時から一緒です。


フィットネスは我々の得意技なのですが、綺麗事だけで日本国民が能動的に運動を行えるとは思っていません。


僕もその一人ですw


フィットネスはイイという正論だけで運動を習慣付けるのは難しい事です。


 


その一方、スポーツは沢山の子供たちが日常的に触れているものですから、我々が子供の頃から慣れ親しんでいるスポーツマインドを揺さぶりながら、フィットネスと繋がり、結果的にヘルスケアに貢献出来ればいいなあという理想像です。


なので、大網街道沿いにプロレスリングを立てて興行したり、千葉そごうさんでプロサッカー選手とトークショーしたり、ヤフー知恵袋的なスポーツ版キュレーションサイトを立ち上げたり、懲りずにスポーツビジネスを何発も打ち出しているわけです。


 


パーソナルジムでも同じでして、10分だけボクシングやキックボクシン、スラックライン、雲梯などを行っているのはブルーオーシャンの理念がある為です。


フィットネスだけだとちょっと訓練ぽさがあるのは否めませんので、そこにスポーツのエッセンスを入れると楽しい!って感じてくださることは少なくないんです。


 


このような考え方が次のビジョンにありますスポーツ、フィットネス、ヘルスケアのトータルプロデュース!に繋がっています。


具体的にはこれらを成すリアル施設を立てたいと考えていますが、それは夢ですね。


 


次なるバリューは垣根を越えろ!~cross the fence~です。


これもですね、凝り固まった考えは捨てましょう的な価値観があります。


例えば、ブルーオーシャンの誰かがトイレを売りましょう!と意見した時に、鼻で笑ってしまうような組織にはなるのは良くないよねという価値観です。


腰痛に良いトイレ、マインドフルネスなトイレ、お相撲さん専用トイレと、発想は無限です。


垣根を超えて、ワクワクの創造を!みたいな事ですね。


実のところ、cross the fenceの発祥はコロナだったんですけどね‥。


あの頃、偏った価値観の押しつけみたいな事が稀にみられたので、これって良くないよね??という動機づけがありました。


 


アーティストの歌って、聞き手の価値観で都合よく解釈されますけども、理念みたいなところも時代と共に解釈も変わってきて然り。と思います。


昨今では、パーパスなんて呼び方もありますが、人間が物事を関連付けて記憶出来るのは3つまでとされている説があります。


ですので、ミッション、ビジョン、バリュー、3つで充分でしょうw


 


今日は以上で御座います。


それではまた明日!


 


記事:吉田勇気


 


(保有資格)


健康運動指導士/JATI-ATI/全米スポーツ医学協会パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/健康管理士/健康運動実践指導者/プロボクシングライセンス(未更新)/上級心理カウンセラー/LessMILSBODYCOMBAT本認定IR(未更新)/NESTAゴルフコンディショニングスペシャリスト


 


(実績)


豊田通商開発コンサル型クラウド健康管理サービス主要開発/「スポーツ駆け込み寺」主要開発/Yahoo!スポーツナビDOコラム執筆/日本サッカー協会主催「夢先生」講師/アスリート対談Youtube「TAMORI CHALLENGE」MC/西武&そごう千葉トークショー


 


(関連HP)


コットン90%のヨガレギンス、あなたにピッタリの1枚を


アスリート対談You Tube タモリチャレンジ 


 


contact-baner