lighthouse

BLOG

日記

2023.12.22

大きな誤解

こんにちは。パーソナルジムのブルーオーシャンです。千葉市中央区は晴れ、ジムは混雑しております。今日もパーソナルトレーナーの吉田がナビゲート致します。


1年があまりにも早すぎます。


この感覚は脳科学的に正しいらしく、加齢とともに体感時間が加速するみたいですよ。


これをなんとかの法則っていうらしいのですが…忘れたのでちょっと調べてみます。


ジャネーの法則


これがですね、とある脳神経内科の情報によれば各年齢毎に、その体感時間目安が示されていまして、1歳の場合はしっかり365日体感らしいのです。


では、僕は45歳ですがその体感時間ってどれくらいだと思いますか?


半年?4ヶ月?


 


41歳〜48歳の体感:8日間


 


うそつけっ!!


さすがにそんな体感だったら恐ろしいわ!!


 


ちょいまて、冷静になりましょうオレ。


365日を8日で割ると45日か。


1ヶ月半前の事が昨日のように感じるみたいな事ですよね。


ちょっと冗談きついな先生w


せめて、1ヶ月半前のことが先週に感じる程度はあるかもしれまんけども。


 


因みに82歳〜100歳だと、4日間らしいですよ。


4日前に餅食ってる感覚?


4日前にお餅をお召し上がりになる感覚?


餅食べて、豆撒いて、鰻食べて、チキン食べて…。


 


・・・・・・・。


 


8歳だと46日らしいです。


確かに、夏休みって秒で終わる感覚がありますね。


 


楽しくても、つまらなくても、あっという間って事ですね。


 


さて、今日のテーマは「大きな誤解」です。


 


実際に誤解されていた、あるいはされていそうな事を考えてみたいと思います。


1つ目は、男性会員が多いのかと思った!の誤解です。


だいたい、男女比としては7〜8割は女性で推移しています。


トレーニングってやっぱり男性のイメージがあるんでしょうか??


僕はもう女性がほとんどである環境に慣れてしまったので、男性会員様が体験に来られるとちょっと驚きますね。


因みに来週に会員様と交えた忘年会を開催しますが、男性会員様は…半数を占めます。


お子様がヤンチャ盛りのママ会員様も多いですから、飲み会のご参加はなかなか難しいですよね。


 


2つ目!!


ブルーオーシャンはアスリートが多いジムだと思っていました!


これは、ジム内にアスリートのサインが沢山貼ってありますから、そういった印象を受けられたのかもしれません。


貼ってあるサインのほとんどは友人・知人でして、過去には通っていたアスリートもいますが、現在はおりませんw


多くの会員様は女性、主婦、OLさん達です。特に40,50代が一番多い層ですね。


3年以上通われている方も多くなってきましたので、皆様平等に年齢層が上昇しておりますw


 


3つ目!


ジムに通えば痩せる!!


痩せないです。


これは大きな誤解です。


正確には、沢山ジムで動いて、精密に食事コントロールをして、それを中期〜長期継続すれば、痩せる確率は高いです。


そして、それを維持するにはさらに継続する事です。


これは、どこのジムで鍛えようとも同じことがいえます。


 


4つ目!


トレーナーはムキムキしている!


はい、25年前は超ムキムキしていました。


 


5つ目!


もっと追い込むのかと思っていました。


それは、会員様によりますね。


基本、どのような目的であれ、トレーニングの原理・原則に基づき追い込まなければ筋肉は発達していきません。


ただ、普通にそれを好まない方もおられますし、あとは女性会員様の場合、更年期を軽んじてはいけないなあと考えています。


もっとも影響するのは骨粗鬆症ですね。


昔、友人が働いていた職場で70代女性の背中をほぐしていたら背骨が折れてしまった事故が発生したと聞いたことがあります。


その職場では、あん摩士などが施術していますから、ちゃんとした知識がある職人なんです。


ジムで普段トレーニングされている方と、マッサージに来られている方とでは属性が全然異なるのは確かですが、骨粗鬆症を常に我々の念頭に置く必要があります。


 


ですから、30代からブルーオーシャンに通ってくださっている方は非常に安心感のある体質になっていると思いますが、あの頃の負荷を5年後も行うのかというのは、慎重になる必要がありそうです。


まずは、女性の方は骨密度検査をしっかりとして頂く事ですね。


特に大腿骨頭周囲(股関節)は骨密度が低下しやすいですから、ブルーオーシャンでは世代を無関係に股関節メニューは鉄板で入れています。


現場経験から察するに…50歳〜55歳あたりから、アクセルとブレーキを同時に踏むようなメニュー構成になりそうです。


この誤解については、正しく追い込むが答えになりますかね。


 


はい、いかがでしたでしょうか。


皆様の印象と現実に差はありましたでしょうか??


今日は以上です。


それではまた明日!


 


記事:吉田 勇気


 


(保有資格)


健康運動指導士/JATI-ATI/全米スポーツ医学協会パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/健康管理士/健康運動実践指導者/プロボクシングライセンス(未更新)/上級心理カウンセラー/LessMILSBODYCOMBAT本認定IR(未更新)/NESTAゴルフコンディショニングスペシャリスト


 


(実績)


豊田通商開発コンサル型クラウド健康管理サービス主要開発/「スポーツ駆け込み寺」主要開発/Yahoo!スポーツナビDOコラム執筆/日本サッカー協会主催「夢先生」講師/アスリート対談Youtube「TAMORI CHALLENGE」MC/西武&そごう千葉様トークショー/朝日新聞社様主催青葉の森ハウジングプラザトークショー/LAVA International様研修講師


 


contact-baner