lighthouse

BLOG

日記

2024.03.14

後楽園ホールで闘った感想

こんにちは。パーソナルジムのブルーオーシャンです。千葉市中央区は晴れ、ジムの混雑度は並です。


今日も毎日がチートデイの吉田がご案内します!


 


今日のテーマは後楽園ホールで闘った感想です。


 


フィットネスとは関係ないテーマw


僕がプロデビューしたのは1999年ですから18歳です。


本当は高校生デビューしたかったのに、TBSのガチンコファイトクラブという番組の影響でプロテストが半年待ちになり卒業後にプロ‥残念。


 


デビュー戦は後楽園ホールではなく、柴又帝釈天の境内だったんです。


渥美清の記念祭みたいな興行でして、帝釈天の境内で行うなんて、異例中の異例だったと思います。


 


後楽園ホールで闘ったのは、2戦目と3戦目。


どう?と言われても、あんまり覚えてないですね。


記憶が怪しいのにテーマ化すんのかい!とツッコミが聞こえますので、今懸命に思い出しています。


 


2戦目は、LUNA SEAの河村隆一さんと、浅草キッドさんが観戦に来られていたようです。


当時、河村隆一さんもボクシングを始められたそうなので、おそらく同じジムの方が試合に出られていたので、観戦されていたのでしょう。


 


後楽園ホールの控室は、選手が複数人一緒です。


控室といっても、確か畳の部屋で20畳くらいかな。


 


ボクシングって、他の競技と違ってメンタルの保ち方が難しいと思います。


だって、自分の試合がいつ始まるかが、わからないんです。


 


前の試合でどちらかの選手がKOで倒してしまえば、その時点で試合が終わり、僕の番になります。


長いと15分、早ければ数分ですから、メンタルコントロールは非常に難しいですね。


緊張、落ち着く、緊張、落ち着くみたいなサイクルだった気がするので、今考えると試合当日も過酷に思えます。


 


後楽園ホールは2戦目だったので、僕の精神、いや‥心身ともにその仕上がりはベストでした。


観客の声も聞こえていながら、眼の前に集中出来て、肩の力が抜けている状態。


対戦相手は、帝拳ジムという名門ジムでしたので、ワクワク感もあったと記憶しています。


 


カン!


 


ゴングが鳴った瞬間から接近戦で打ち合いです。


大きな歓声が聞こえたのを覚えています。


僕の理想の戦い方は、綺麗な技術での打ち合い。


そういった意味ではお互いテクニックで打ち合いが出来ていたので理想的でした。


パンチをブンブン振り回すとか、全然つまらんです。


2戦目の戦い方は本当に理想でした。


打ってても全然疲れないんですよ。


相手のパンチも的確にディフェンス出来てましたし、ゾーンだったかも。


 


1ラウンドの終盤、相手をコーナーに追い詰め、ラスト30秒程度の時間で僕は倒す為に相手に圧力をかけました。


ところが…


 


え?


寝てる?


知らん間に倒されていました。


2試合目でもらったパンチはその1発のみ。


 


後に先生に確認すると、相手を追い詰めて踏み込んだ際、右フックをもらったとの事…。


数秒、天井を見ながらスポットライトの眩しさで我に返るような感じです。


そこから、控室までの間、あんまり覚えてないですね。


 


後楽園ホールの大きさって、観客を感じれるから、サイコーにイイんです。


キャパもたしか500人くらいだと思いますし、どこからでも観戦しやすいから魅力的な施設だと思います。


たまに思い出すと、またあの舞台に立ちたくなりますね。


もう、KOされたら死んじゃう歳だわw


 


思い出すと懐かしいです。


一度、是非後楽園ホールでボクシング観戦してみてください。


 


今日のつぶやき


 


今日、とある商店を営んでおられる会員様が広告戦略でお悩みになられていました。


インスタを利用した方が良いとは知っているけど、どうにもこうにもやる気にならないとの事でした。


一緒だ…。


僕も一緒‥。


たまにやる気を振り絞って投稿するのですが、まったく気持ちが入らないです。


いっそ、SNSはすべて消滅してほしいとさえ考えているタイプですからね。


なんといいますか、あんなに社会性の感じれない仕事ないですよw


 


そんなボヤキはありますが、仕事柄ですね、SNSマーケ、ウェブマーケ関連情報は怒涛のように流れておりまして、今のトレンドみたいなのはなんとなーく理解しているつもりです。


インスタはですね、今は断然リール投稿がお勧めです。


これまでのような画像投稿みたいな状態をインスタ側は払拭したいらしく、リールのリーチに強化しているんですね。


ですから、インスタを広告で活用するならリールをお勧めします。


実際に画像とリールでリーチ数を確認すると一目瞭然です。


インスタ活用されている方は是非、参考にしてみてください。


 


こちらのブログも広告といえばそうなのですけど、自分では作品を作っている感覚で投稿しています。


文章の力ってやっぱりすごいですよ。


 


商売を営むには広告は必要不可欠ですが、トレンドに振り回されのも疲れちゃいますよ。


どれをやるにしても、継続しないと広告としての効果も発揮できませんから、まずはどれかひとつを決めるところから始めると良いと思いますね。


僕のブログも501投稿、次は1000を目標にしています。


 


今日は以上です。


それではまた明日!


 


記事:吉田 勇気


(保有資格)


健康運動指導士/JATI-ATI/全米スポーツ医学協会パフォーマンスエンハンスメントスペシャリスト/健康管理士/健康運動実践指導者/プロボクシングライセンス(未更新)/上級心理カウンセラー/LessMILSBODYCOMBAT本認定IR(未更新)/NESTAゴルフコンディショニングスペシャリスト


 


(実績)


豊田通商開発コンサル型クラウド健康管理サービス主要開発/「スポーツ駆け込み寺」主要開発/Yahoo!スポーツナビDOコラム執筆/日本サッカー協会主催「夢先生」講師/アスリート対談Youtube「TAMORI CHALLENGE」MC/西武&そごう千葉様トークショー/朝日新聞社様主催青葉の森ハウジングプラザトークショー/LAVA International様研修講師


 


contact-baner