ブルーオーシャンブログ

ブログ

ヒップアップ/蘇我・千葉寺にあるパーソナルフィットネスクラブ

画像のトレーニング名は忘れてしまいましたが(笑)、お尻の筋肉を鍛えるには、腰に対して、膝を後ろに引く動作で鍛えられますひらめき電球専門的には、股関節の伸展と言います。

脚を後ろに引く動作で、お尻の筋肉が働くのですが、歩行などではあまりお尻を鍛える事は出来ません。頭から足先までを0度とした場合、約15度以上の伸展をすることで、お尻を効果的に鍛える事が出来ます。

この動き、地味にしんどいんですガーン

ここで、物申したいのが(誰に?汗)、トレーニングを効率良く行うには、ある程度の柔軟性が必要なんです。図のように左脚を上に挙げる動作は、腰や太ももの柔軟性が必要なんです。

勿論、お尻を鍛えるのは、画像以外の動作も沢山あるんですけどあせる

 

我々が考えるボディメイクは、体力を総合的にアップラブラブさせる事ですひらめき電球

体力とは、筋力の他、柔軟性、敏捷性、平衡性、持久力等の全般を指します。

※ちょいと専門的な事は割愛

 

栄養をバランス良く摂取するように、トレーニングもバランス良くが大切ですひらめき電球

どれだけ強靭な肉体を持ってしても、心肺機能が貧弱であれば、水中でパニックになる事があるかもしれません。どんなにカラダが柔らかいバレリーナでも、平衡性が乏しければ、オットットとよろけてしまうかもしれませんガーン

 

今回は、お尻のトレーニングのご紹介ですが、一か所だけを鍛える目的だとしても、複数の要素が働き、”ひとつの動きが成立する”というメッセージブログでした~音譜

 

 

トップへ戻る
電話をかける0433096707 お問い合わせ トップに戻る